ものすごい悪夢

ネームが史上最強に難産でした。

今月は2本ネームやってから作画しようとおもっていたのに、一本しかできない上にこんな遅くなってほんとやばいです。

追い詰められるとよく悪夢をみます。
今日はマッドな殺人犯においかけられて、海に落ちて、肉食獣が足元を埋め尽くす高い山の尾根の細い道を四つ足の生き物にのって疾走した後、ショッピングモールででかい地震にあって2回目の本震で震度7がきたところで目が覚めました。
てんこもりすぎる。
こんなに深層心理では追い詰められているのに、起きているときはなぜか何とかなる気しかしてないせいで、こんな難産だし遅くなるのだと思います。
もっと早い段階でリアルに追い詰められ感を感じることができたなら、もっと早くできるような気もするような、むしろもっとダメのような、よくわかりません。

こういう状況のときは災害系の悪夢をよく見ますが、夢のなかで、こわいんだけど、絶対何とかなる!と毎度自分が思ってるのが不思議です。
竜巻に飲まれた時も、自宅のベランダからとてつもなくきれいな形の津波がせまってきたときも、夢の中の自分はサバイブする気まんまんでした。
なんで?
火山が噴火して火砕流においかけられながらも、夢の中の走っている自分は火砕流から逃げるために走っているのではなく、火砕流に自宅がのまれたら原稿のデータがなくなるから、先にたどりついてやつからデータをまもることしか頭にありませんでした。
そんなにガッツがあるならリアルではよネーム上げろやと思います…!!!

前はもっと早い段階で追い詰められていたのに、年々、なんとかなる、みたいな楽観傾向が強くなるような気がします。
ヤバイです!!
ひとよりだいぶ体が弱いので無茶なことはできないのだから、まじで喝をいれないとです!!!!

そんな悪夢をみながら遅れに遅れまくったネームですが、提出したら担当さんが出来をすごく褒めてくれて嬉しかったです…!

作画の時間ないけどがんばりますー!!!



shizukifujisawa official website 藤沢志月公式サイト

漫画家・藤沢志月 オフィシャルサイト